Association of Post-divorce Japanese Women

FAQ

会員

Q :会員になるにはどうしたらよいのですか?

A :入会のお申し込みは、お問い合わせフォームからお願いします。会員登録後、年会費として$30、およびHST$3.9の合計$33.9をチェックにてお支払いいただいております。チェックの宛名はAPJWです。お支払いはイベント参加時(月例ドロップイン、又は公開イベント)に併せて受け付けております。

Q :ドロップインってなんですか?

A :ドロップインとは、毎月開催*される会員のための勉強会や交流会です。(*公開イベント開催時等を除く)会員登録すると、ドロップインおよび公開イベントに無料で参加できます。(会員登録をしない場合のドロップインのゲスト参加費は$5です。)
尚、交流会に参加できるのは、会員又は会員資格を持つゲストの方のみです。
一方、勉強会はその内容によりサポート会員をお招きすることもあります。

Q :ドロップインの「勉強会」と「交流会」の違いは何ですか?

A :勉強会は、プレゼンテーションやゲストスピーカーによるセミナーです。会員、および会員資格を持つゲストの方、更にテーマによってはサポート会員も参加いただけます。
一方、交流会は、参加者がトピックを決めず自由に語り合う場です。交流会に参加できるのは、会員又は会員資格を持つゲストの方のみです。
尚、交流会では個人情報がシェアされることも多いため、当会の規約に定めた会員間の守秘義務に従って頂きます。APJWでは会員間の信頼関係を最も大切にしています。

会員資格

Q :会員資格を教えてください。

A :カナダのオンタリオ州で夫やパートナーと離別した日本女性です。

Q :子どもの父親とは法的な結婚はしていませんでしたが、最近、離別しました。会員資格はありますか?

A :元のパートナーと法律婚の関係に無かった場合でも、会員として登録頂くことが可能です。
APJWにおける離別とは、婚姻関係、同居関係の解消、さらには同居しなかった長年のパートナーやお子さんの父親らとの関係解消を意味しています。

Q :夫に「別れたい」と切り出したばかりで、まだ別居に至っていませんが、APJWの会員になってドロップインに参加できますか?

A :夫に別れの意志を伝えた方は、会員資格があり、ドロップインにも参加可能です。
離別は、どちらかがもう一方に別れたいという意志を伝えることではじまります。

Q :夫と離婚してから十年経っているのですが、会員になれますか?

A :別離から年数が経っている場合でも、会員登録が可能です。当会のオンタリオNPO法人登録名「Association of Post-divorce Japanese Women」が示すよう、APJWは、オンタリオで夫と離別した日本女性のコミュニティ作りを目指しています。離別後の 就職や子育て、親権や面会交流の問題、さらには、再婚やステップファミリーに関することなど、APJWの会員は互いの経験や知識を分かち合います。ドロップインへ是非ご参加下さい。

Q :最近、夫との間がギクシャクしています。離婚もありえると思いますが交流会に参加できますか?

A :APJWは、夫と離別した女性たちのピアサポートグループです。夫、またはパートナーとの「離別を検討中で、未だ意思表示をしていない」という方は、本会員としての登録をご遠慮願っております。
APJWは、離婚を奨励したり後押したりする団体ではなく、別居を決意した方、別居や離婚を経験した方のためのコミュニティ作りを目指す団体です。
離別を検討中で、未だ意思表示をしていない場合でも、サポート会員としてはご登録いただけます。サポート会員は勉強会や公開イベントに無料で参加できます。

サポート会員

Q :現在、離別の当事者ではありませんが、 APJWの活動に興味があります。勉強会に参加するにはどんな手続きが必要ですか?

A : サポート会員になることをお勧めします。
APJWの活動に興味がある、あるいはAPJWの活動をサポートしたい個人や団体は、サポート会員としてAPJW主催の公開イベントや勉強会へ無料でご参加いただけます。
サポート会員は年会費として$30、およびHST$3.9の合計$33.9をチェックにてお支払いいただいております。
団体でのサポート会員登録については、当サイトのお問い合わせフォームでお問い合わせ下さい。

Q : ピアサポートって何ですか?

A : NPO法人APJWは、同じような体験をした会員間(ピア)の相互援助(サポート)を目的としています。 経験者だからこそ分かり合える環境は、会員たちの心のよりどころです。
当会は離別後の女性たちのコミュニティ作りを目指しています。子育てや日常生活の情報交換、オンタリオの法律や社会福祉制度などに関する情報提供を行っています。
会員の間で共有された体験談や、勉強会での情報提供は、弁護士のアドバイスに代わるものではありません。個別の状況への対処については、必ず弁護士への相談下さい。

Q : 弁護士との面会に一緒に行っていただけますか?

A :英語やオンタリオの法手続に不安を感じる会員には有償で以下のような個人支援も行います:

  • 法的オプションに関する情報提供
  • 弁護士との面談に同席(通訳)
  • 弁護士からのアドバイスをわかりやすく説明
  • 相手の弁護士からの手紙の内容などをわかりやすく説明
  • 弁護士からの手紙やメールへの返答(翻訳)

また、以下のことは支援には含まれません。

  • 法的アドバイス
  • 個人の意志決定へのコメント

*個人支援は1時間50ドルです。詳しくはお問い合わせフォームでご連絡ださい。

Select Language

  • English (United States)
  • 日本語

こちらもチェック

PAGETOP